専門学校と独学はどちらがいい?

専門学校と独学はどちらがいい? デザインに興味があったり、デザイナーになりたいという希望を抱いている人も多いと思います。独学で学ぶこともできますが、それよりはプロから指導を受けられるデザイン専門学校に通うのがおすすめです。デザインには閃きやセンスが重要ですが、それを形にするためには道具やツールの使い方をきちんと学ぶ必要があります。デザイン専門学校であれば、基礎から細かい部分まで丁寧に教えてもらえるので非常に効率的です。
また、客観的なアドバイスを受けられるというのも大きな魅力になります。自分で作品を作っても、どういった部分が良くないのかやどのように改善すればいいかが分からないことも多くあります。客観的な視点でアドバイスをもらえれば、自分のスキルを高めることにもつながります。それから同じ目的を持った人と接することで、競争心が掻き立てられたり新しいインスピレーションが生まれたりすることもあります。デザイン事務所から求人がくることもあり、就職しやすくなるのもメリットです。

通信制学校のメリット・デメリット

通信制学校のメリット・デメリット デザイン専門学校は様々なタイプがあり、中には通信タイプの専門学校もあります。
通信でデザインの勉強するのは、本などで独学するのと大差がないと感じる人もいますが、きちんとしたデザイン専門学校に入学するということは十分にメリットがあります。
まず、専門学校に入学することによって課題を与えられる、ということが挙げられます。独学の場合は課題がなく、自分でやるという気持ちがなければできませんが、課題という目標ができることによって勉強に集中することができます。
学費が安いというのもメリットです。中には、デザインの勉強をしたいけれどお金の面で頼れる人がいない、というケースもありますが数十万円程度で入学することが可能です。
ただし、デメリットもありわからないことがあってもすぐに先生に聞くことができず学習効率が悪い、基礎の部分が理解できないまま卒業してしまうということもあるため注意が必要です。また、人に会わないことでコネクションが作れないというのもデメリットと言えます。